通りすがりのはてなブログ

1日1つ、答えを積み重ねていこう。

「仮想通貨」の対義語は何か?

仮想通貨という言葉、最近よく目にしますね。

はてなブログでも、非常に多くの方が仮想通貨について書かれています。実際、このブログで最も検索されている記事は、仮想通貨に関するこの記事です。

 

じゃあ、仮想通貨以外の通貨はなんと呼ぶのか

 

金本位制から信用貨幣へ

例えば、ある国が大量の金(Gold)を持っていたとします。その国は、保有するGoldの総額と等しい総額までなら通貨を発行できます。

いつでもGoldと交換できますよー。これが金本位制です。

 

ところが、そんな大量のGold持ってらんねー、ってなるわけです。管理めんどいし。

そこで、

Goldは無いけど、この通貨の価値はこのくらいです。信じてください。

と、誰かが言うわけです。その誰かとは、例えば国です。

 

その誰かの主張を信じる。これが信用貨幣であり、今主流の通貨ということになります。

 

仮想通貨は?

仮想通貨については、何も価値を保証するものがありません。つまり、この通貨にはこれくらい価値があるんじゃない?という、人々の感覚で価格が決まるのです。

 

つまり何が言いたいか

仮想通貨とそれ以外、という分け方が間違っていた。仮想通貨は、価値の設定方法の一つに過ぎないのです。

今主流の「価値の設定方法」が信用貨幣なので、とりあえずの対義語は信用貨幣ということになるのでしょうか。

 

(無理矢理まとめた感)