通りすがりのはてなブログ

1日1つ、答えを積み重ねていこう。

歯医者さんのフッ素はどう効くのか?

こんばんは。今日、新しい歯医者に行ってきた作者です。実は今までお世話になっていた歯医者さんがヤブ化してきてたんです。受付の部屋で待っている人の数も減りましたし、定期検診の頻度は上がるし、そして一度あたりに係る費用も増やされたんですよね。勘弁してほしいです。

さて、フッ素。歯医者の定期検診で塗ってもらいますよね。あれが実際どのように働くのか、ご存知ですか?

 

歯の破壊と再生

口の中には、消化しきれなかった食べ物のカスを分解して酸を作り出す細菌がいます。この酸が、歯の表面をコーティングしているエナメル質を溶かします。「脱灰」と言います。

唾液には、この酸を中和し、溶け出したエナメル質成分を捕獲して歯に戻していく効果があります。この回復作用を再石灰化と言います。

食事の度に、歯をぶっ壊して修復しているわけですね。なかなか大胆な仕組みです。

 

フッ素の効果

フッ素には「中和作用」「緩衝作用」があります。F-イオンが酸のH+イオンを打ち消したり、pHの低下を抑制したりするわけです。

こうした科学的な性質は、口内環境においては具体的に次のような効果があるとされています。

・抗菌作用、脱灰の抑制

再石灰化の促進

・耐酸性の向上*1

 

つまり。

フッ素で歯をコーティングすることが重要なのではありません。口内にフッ素を供給することが大事なのです。そうすることで、健康な歯をメンテナンスしやすくなるのです。

  

なんか演説っぽくなった。。

でも、勉強になりました!!