通りすがりのはてなブログ

1日1つ、答えを積み重ねていこう。

QRコードはどういう仕組みなのか?

こんばんは。スマホユーザーでケータイを懐かしむ作者です。

パカパカケータイからスマホへと時代が進んでも、QRコードは変わりませんでした。今でも、何かとQRコードって使いますよね。実はすごい発明なんじゃないかって思ったりします。

ところで、QRはなんの略なのか?どのような仕組みになっているかご存知ですか?

 

そもそも何の略か?

QRコード(Quick Responseコード)は、高速読み取りを重視したマトリクス型2次元コードとして、1994年 株式会社デンソーウェーブにより開発されました。

つまりQR高速読み取りを意味するのです。

 

コードの構成

QRコードには白の部分と黒の部分がありますが、このピクセルの中に、大きく分けて次の3つの内容が表示されているそうです。

 

①位置合わせ

QRコードの隅にある比較的大きな四角で、どの部分にどのデータがあるかを示している。これがあることで、読み取り時にコードが斜めになっていたとしても、360度、どんな向きからも読み取れる。読み取りの高速化を可能にする技術の1つ。

 

②データそのもの

セルに色が塗られているかいないかで、データを記述する。バーコードと同じようなもの。

 

③誤り訂正符号

乱丁、塗りつぶしで読み取りができない部分があった時に、データを復元するためのバックアップ部分。印刷面積を小さくする上ではこの予備部分は小さい方が良いが、乱調の起こりやすさなどを考慮しながら、復元しやすさのグレード、つまり元のデータへの類似度(4段階)を設定する。

 

一見なんの変哲も無いピクセルの羅列ですが、ちゃんとこうした構成があるんですね(当たり前ですが。) 

しかし、乱丁も想定して作られているとは、、、なかなかすごい技術だと思いませんか?

 

参考

www.keyence.co.jp