通りすがりのはてなブログ

1日1つ、答えを積み重ねていこう。

インフルエンザの型:何が違うのか?

インフルにはA・B・Cの型があります。

具体的にはどう違うのか、調べてみました。

 

A型

・最もやばいタイプ。

・渡り鳥が運ぶ上、変異を起こしやすいため、予測不可能。

 時に世界的流行を引き起こす。

・症状は、高熱、喉や関節の痛み。合併症発症の恐れもある。

 

B型

・A型ほど重い症状は出ないものの、毎年流行をみせる厄介者。

・症状は消化器系にくる。腹痛・下痢など。

・人と人との間でしか感染しない。

 

C型

・感染は主に幼児。

・一度感染すると、二度と感染しない。

・症状は軽微。

 

症状は違いますが、いずれも罹ると面倒です。

 

特に受験生の皆さん、細心の注意を払ってください!

人によっては自分の顔を1日2000回触ると、どこかで見た覚えがあります。

手洗いうがいだけでなく、目や口など粘膜を覆い、手を触れないようにする対策も徹底したいところですね。

 

www.meiji.co.jp

influ-info.jp