通りすがりのはてなブログ

1日1つ、答えを積み重ねていこう。

国民総幸福GNHはどのように算出するのか?

QOL。最近よく聞きますね。

「あなたは今幸せですか?」と毎日問われているようで、正直疲れます。

 

QOLとか考えない方が、QOL高かったりして。(詭弁

 

さて、幸福度をGDPに代わる尺度として用いようとしている国があります。

ブータンの提唱する指標、国民総幸福(Gross National Happiness)。

どうやって計算するのでしょうか。

 

9つの領域がある

GNHはアンケートベースで計算されるそうです。

アンケート項目の分類として、9つのテーマが設定されています。

 

心理的な健康

・身体的な健康

・時間の使い方

・教育

・文化の多様性

・統治

・コミュニティーの活力

生物多様性

・生活水準

 

9つのテーマそれぞれについて、一定の基準があります。 そのうち、6つ以上のテーマについて基準が満たされていれば、その人は幸福であるとみなされます。

 

そして、基準に満たない回答者のデータを、GNHの計算に用います。

 

計算式

 

GNH=1-HA

 

ただし、

H:4つ以上のテーマで基準に満たなかった人の数

A:達成度評価のための係数

 

60点が基準だとしても、回答者全員が55点の場合と、全員が30点の場合では、達成度が全く違います。その「重さ」を係数Aで表し、Hと掛け算して全体から引くのです。

 

 

つまり、GNHの増加は、「幸せでない人が減った」ことを示すのです。

  

 

どうせやるなら、これくらい思い切ったことをやって欲しいですね。

 

 

 

参考PDF(英語)

http://www.grossnationalhappiness.com/docs/GNH/PDFs/Sabina_Alkire_method.pdf