通りすがりのはてなブログ

1日1つ、答えを積み重ねていこう。

リチウムイオン電池が発火した時、どうやって消火するの?

こんばんは。モバイルバッテリーの作者です。

皆さんはモバイルバッテリーを使用していますか?僕は持ち歩いています。

なぜかというと、地震時にスマホを充電できる環境があるとは考えにくいからです。東日本大震災の時にはホテルのコンセントを巡る争いが生じていましたよね。僕はあれには巻き込まれたくないのです。

このモバイルバッテリーはリチウムイオン電池なのですが、最近このバッテリーが発火する事故が起きているようです。リチウムは水と爆発的に反応する危険な物質なので、消火目的で水をかけるとやばそうな気がします。

リチウムイオン電池は、水で消火して大丈夫なのか?

 

水でも大丈夫という情報も

東京消防庁の資料には次のような記載がありました。

電池から火花の飛び散っている時には近寄らず、火花が収まってから消火器や大量の水で消火するとともに119番通報してください

火花が飛び散っているのを何もせずに見ているというのもちょっと辛いですね、、

何れにしても、どうやら水をかける場合は「大量に」かける必要があるそうです。同じような記載が以下のサイトでも見つかりました。

kenkou888.com

 

水以外で消火する方法

もちろん、消火器は使えます。大量の水を用意している時間があったら、近くにある消火器を使ってしまった方が楽かもしれません。

「火花が収まってから」なのは変わりませんが。。

それから、消火砂というものもあるそうです。

beeest4u.com

火は燃焼反応ですから、酸素を絶ってしまえば反応が止まります。砂を被せることにより、化学反応を強制的に止めるわけです。

ちなみに上の記事では「水は使ってはダメ」という記載があります。情報が錯綜していますね。

 

最後に

発火の原因としては、過充電、外力による電池の損傷、経年劣化、製品自体の不具合など、様々な理由があるようです。僕ら消費者も勉強して、自主防衛を図っていきましょう。

 

その他参考

http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-kouhouka/pdf/281222.pdf