通りすがりのはてなブログ

1日1つ、答えを積み重ねていこう。

【学生の恋愛】結婚を前提としないお付き合いって何?

こんばんは。恋愛中の作者です。

この前、ある友人と恋バナをしました。その友人は、今の彼女との結婚は考えられない、なんてことを言っていました。じゃあ何で、今も付き合ってるんだろう。

 

恋愛も結婚も「我慢」

恋愛するのは楽しいですが、大変です。こういうと相手に怒られそうですが、気は遣いますし、本音を隠すことだってあります。

結婚にしても恋愛にしても、我慢が必要なのは同じだと思います。なぜなら大抵の場合は、片方がもう片方に告白して「付き合ってもらう」「付き合ってあげる」からです。最初から立場は平等ではないのです。

恋愛と結婚の最大の差は、我慢の「グレード」だと思います。結婚すれば、共有するものが増え、必然的に対立回数も増えるでしょう。そういった持続的な負荷に対し、我慢できるかどうかが、結婚するか否かの分かれ目になると思います。

そもそもそういう我慢をしたくないというのであれば、結婚はおろか、恋愛そのものを考え直した方がいいのではないでしょうか。

 

卒業後の話

中学・高校の頃を思い出してください。あの頃付き合っていたカップルは、その後分裂してはいませんか?

そういう人生の節目で、恋愛関係が破綻することって、案外多いのではないでしょうか。仮にそれが一般則だとしたら、僕は大学を卒業した瞬間、恋人と別れることになります。

確かに、今の彼女とは最終的には結婚しないかもしれません。運命という言葉は好きではないですが、不可抗力でそうなってしまうこともあるとは思います。

ただ、最初から結婚しないものと決めつけて恋愛関係を築くというのは、僕にはできないことです。

 

恋愛は本質的に利己的である

結婚を前提とせずに交際している人は、果たして何を目当てに付き合っているのでしょう。相手の体?お金?精神的な安定?リア充というステータス?彼氏彼女持ちという「ファッション」?

僕はこういう相手を利用するような”恋愛”を軽蔑します。その一方で「お前もそうやって相手を利用しているんじゃないの?」と問い返されたら、自信を持った反論はできません。

僕が恋愛するのは自分のためであって、相手のためではありません。僕は相手を精神安定剤として利用していますから。

相手を利用しているという点では、結婚を前提としない付き合いというものを、僕は部分的に実践しているのかもしれません。

 

最後に

結局、相手を利用しているか否かという観点では、結婚を前提としているか否かは判定できないようです。

皆さんは、どういう風にお考えでしょうか。学生の方にも訊いてみたいところですね。