通りすがりのはてなブログ

1日1つ、答えを積み重ねていこう。

生まれ変わったら何になりたい?

ホモ・サピエンスの作者です。あ、こんばんは。

自分の前世はカメレオンだったと思っています。周りに合わせて自分を変える。目があっちこっち向いて、目の前をあまり直視をしようとしない。そして行動が遅い。いやもう、今の僕にぴったりですよ。

たわいもない話題ですが、真面目に考えると結構面白いんじゃないか?ということで、やってみます!

 

候補①:コノハムシ

コノハムシ。ご存知でしょうか?葉っぱに完璧に擬態したナナフシです。

昆虫です。画像検索された際の精神的被害については当店は責任を負いかねます。でも本当に葉っぱみたいなので、そんなにやばい画像にはならないと思いますよ。

あそこまで完璧な擬態だと、相当生きるのが余裕なはずです。自分に圧倒的な自信を持って生きてみたいですね。

ちなみにどこかの博物館で一度触ったことがあるのですが、めちゃくちゃ軽くて繊細で可愛いです。特に脚が、もう、こう、すぐちぎれそうで不安です。

飼えたら飼いたいですね。飼育は難しいとよく聞きますが。

 

候補②:竹

竹ってすごいですよね。

斜面の土砂を保持して、土砂崩れを防止する役割があります。あとは、燃えにくいということで、屋敷の防火対策として植えられることがあったと聞きます。

社会の役にたつ、優れた植物です。しかも美味しい。「何それ美味しいの?」という究極の無知に対しても、自信を持って答えられますね。

それに、タケノコのあの驚異的な成長スピードを一度経験してみたいのです。1日で数十センチ伸びるんですよね?不思議の国のアリスちゃんみたいに「足がどんどん遠ざかっていく」みたいな感覚を味わってみたいんです!

あと、最期は盛大に花を咲かせて散りたいですね!

 

候補③:羽生結弦の熱烈なファン

羽生結弦は4回転ジャンプをしている」と勘違いされている方がいます。違います。羽生結弦の周りを世界が4回転しているのです。

羽生結弦のパレードでキャピキャピしているおばさん方を見ると、自分には何かが決定的に欠落している気がしてくるのです。彼への思い入れ、情熱、感性、課金額など。

すぐ近くに僕の知らない世界があるのに、なぜかそれに僕の手は届かない。来世では一度あちら側を経験してみたいですね。

 

生まれ変わったら何になりたいか?

この質問、結構いい質問だなって思うようになりました。その人の知識レベルや思考レベルを結構忠実に描き出してくれる気がするのです。

今度友人にも振ってみようと思います。完全に変なやつですね笑

 

それでは!