違うブログ

答えを出しながら、変わっていく。

優先席はいつからある?

こんばんは。

優先席が空いていたら座る派ですか?僕は座りたい派です。電車が適度に空いていたら、僕は迷わず座ります。せっかく座席があるのに使わないのって勿体無いじゃないですか。あ、でも、満員電車とかだったらさすがに座りませんね。立ち上がったり譲ったりするのが面倒になってくるので。

さて今ではどんな電車にもある優先席。それがいつからあるのか、ご存知ですか?

 

国鉄時代から

優先席のもととなる「シルバーシート」が旧国鉄で導入されたのは1973年らしいです。

シルバーシートの名前を付与したのは、国鉄で設定した当初、高齢者や身体障害者を対象にし、他の座席と区別するため、本社旅客局営業課長だった須田寛(現・JR東海相談役)の提案で、新幹線0系電車座席に使うシルバーグレー色の予備布地を利用[1]してシートを設定したことからといわれる。*1

 

「優先席」という名称が使われ始めたのは1990年代に入ってから。

名称変更には、

高齢者や障害者だけでなく、妊婦や怪我人にも利用してほしい」

という意図があったようです!

 

ちなみに、ご高齢の方を「シルバー」と総称する文化も、このシルバーシートがきっかけだったようです!

 

勉強になりました!