ふと思ったんだけど

言葉にすれば、何か分かるかもしれない

兵庫県明石市が日本の標準時になった理由とは?

こんばんは。今日も日本時間の午後6時に記事を公開している作者です。

日本の標準時は東経135度の兵庫県明石市と決められています。では、それはなぜか?

 

135度である理由。

球体である地球は、一日で360°回転します。1日の長さは24時間ですから、1時間で15°回転することになります。

つまり、15の倍数の経度で標準時を設定しないと、時差に端数が生じるわけです。「ロンドンと9時間17分差」とかになったら、計算が面倒くさくて仕方ありませんよね。

日本の西端、沖縄県与那国島は東経123度、東端の東京都南鳥島は東経153度。この間で、15の倍数となっている経線は、135°線と150°線の2つのみ。

しかし、東経150度はかなり日本の東側によっています。それよりは135度の方が日本の中心っぽいですよね。そういう理由で、日本の標準時線には東経135度が選定されたそうです。

 

明石市の理由。

東経135°の経線上には複数の都市がありますが、なぜ、明石市でなくてはならなかったのでしょうか。

なんと明石市が「既成事実」を作り上げ、そのまま標準都市の称号を獲得したらしいです。

世界の時刻を決めた国際子午線(しごせん)会議は1884年におこなわれ、その2年後に日本標準時は「東経135度」と定められた。この時点ではどの「都市」かは定められてはいなかったため、明石市では1930年に小学校の先生たちがお金を出し合って東経135度上に標識を立てた。*1

 

...もしかしてこれって結構知られてるんですか?

このブログが自分の恥さらしになるリスクを考えていませんでした、、

 

時間について、こんなのも書いています

sourceone.hatenablog.com

sourceone.hatenablog.com

sourceone.hatenablog.com

それでは!