違うブログ

答えを出しながら、変わっていく。

ツングースカの大爆発とは?

隕石落下の代表格、「ツングースカの大爆発」を調べてみました。

 

時間など

1908年6月30日、現地時間7時頃に中央シベリアで起きた爆発。隕石が原因だったと解明されたのは2013年。

 

現象

落下隕石が上空5~10kmの高度で爆発したとされる。大きさについては直径60~190mとの試算がある。

 

被害等

空振により、約8000万本の樹木、面積にして約2000平方メートルがなぎ倒される。衝撃波のエネルギーはマグニチュード5.0相当とされている。火災の範囲は最大で半径50kmに及んだ。死者はいない。

 

参考

https://en.wikipedia.org/wiki/Tunguska_event

https://ja.wikipedia.org/wiki/ツングースカ大爆発