ふと思ったんだけど

言葉にすれば、何か分かるかもしれない

告白しても、いいですか?

今週のお題「バレンタインデー」。

 


バレンタイン、ですね。

 

 

この時期になると、毎年、思い出します。

 

 

10年以上前の、バレンタインのこと。

 

 

  

「幼なじみ」

 

幼なじみ。

小さい頃からの知り合い。

半永久的・圧倒的・絶対的、家族に次ぐ最も強力な人間関係形態の一つ。

 

 

 

 

なんの変哲もない、この言葉。

 

 

 

 

僕は、この言葉から、ずっと逃げてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学校の頃、僕は近所の子たちとよく遊んでいた。

 

今の自分からは想像できないが(泣)、異性とも結構遊んでいた。二人の女子、AとBと、よくつるんでいた。

 

Aは家も近く、動植物などの自然が好きで、僕と完全に趣味が一致して意気投合した。

ぶっちゃけ、当時僕はAが好きだった。

 

BはAの友達という感じで、僕とBの間には少々距離があった。趣味が合っていた訳でもなく、僕はBの家の場所も把握していなかった。

バレンタインには、AがBのチョコも預かって持ってきてくれた。僕もBの家を知らなかったので、ホワイトデーにはAに、Bの分も託していた。

 

 

 

 

 

小学校4年生の時。僕は急遽、外国に引っ越すことになった。

 

 

 

 

 

 

そして、外国で1年半。

A、Bとは完全に音信不通。

 

 

 

 

 


そして、帰還。小学5年。

 

 

 

 

 

 

僕は、いい友達に恵まれた。みんな僕を優しく受け入れてくれた。

Aへの恋心が消滅していたことを除けば、全ては元通りになった。

 

 

はずだった。

 

 

 

 

 

ただ、ひとつだけ。

致命的なミスを犯していた。

 

この時は、気づいていなかったが、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学校5年、帰国後最初のバレンタイン。

僕はA経由で「Bからの手紙」を受け取った。

 

「渡したいものがある、いつも遊んでた◯◯公園に一人で来て欲しい」

 

 

 

 

 

 

 

幼なじみから、バレンタインに、お手紙をもらう。

仕組まれたような、スムーズなストーリー展開。

少女マンガみたいな、夢のようなシチュエーション。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな美しいものでは、ない。

 

もっと、哀しくて、虚しいものだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Bって、誰だ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

Bが、どんな人だったか。

Bと一緒に、僕はなにをしたのか。

そもそも、本当に僕はBといつも遊んでいたのか。

 

 

 

 

 

何も思い出せない。

 

 

 

 

 

 

何も、覚えていない。

一切。空白。

 

 

 

 

 

 

 

 

Bをなんて呼んでいたんだろう。

 

 

どんな外見だったっけ。

 

 

どんな面を下げて、Bの前に立てば良いんだろう。

 

 

 

 

 

 

俺は、彼女の想いを受け取る資格があるんだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学校卒業。同じ中学校に進学。

 

「Bが僕のことを好き」。いつのまにか学年中の誰もが知っている、公然の秘密になった。

廊下ですれ違う時、Bはあからさまに視線を逸らした。

 

でも僕は、何も覚えていない。

Bからも避けられている。かける言葉もわからない。

 

 

 

 

 

 

 

 

中学卒業。別々の高校に進学。

 

部活の自主練習とBの試合がたまたま被り、一瞬だけ目が合った。

地平線を追いかけるような、縮められない距離。

 

 

 

 

 

 

 

 

別々の大学に進学。成人式。

 

一瞬だけ、Bと目が合った。通じ合っているのか、牽制し合っているのか。

何れにしても、届かない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局、帰国してから、僕は一度もBと言葉を交わせていない。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学校5年生、道端に雪の残るバレンタイン。

 

 

 

 

 

 

 

僕はあの時、Bに会いに行くべきだったのだろうか。

 

 

 

 

  

 

でも、行ったところで、何をすべきだったのか。

 

 

 

 

Bのことを覚えているフリをする?

 

 

 

 

僕を好きになってくれた、外国に行っても忘れないでくれた彼女。

そんな彼女に、「君のことは覚えていない」と言う?言えるか?

 

 

 

 

告白されたらどうする?

 

「僕もBが好き」? ふざけている。

「また友達からやり直したい」?言えない。あまりにもBに酷だ。

 

 

じゃあ、断る?

 

全てをそこで終わらせる?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は、逃げた。

 

運命のY字路で、僕は選ぶことを拒んだ。

 

 

  

Y字路を、見なかったことにした。

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あそこで、曲がっていれば、

 

こんな別れ方をすることはなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

これが、僕です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕ですよ、Bさん。

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

僕は、君のことを忘れてしまった。

 

 

 

それだけで、大罪だ。

謝っても、謝りきれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、遅い。

 

もう、戻れない。

 

 

そんなことは、分かっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、それでも、

 

声に出しておきたい。

 

 

もしかしたらまだ、

 

届くかもしれない。

  

 

 

 

 

 

 

 

10年前、言えなかった、

 

 

 

この言葉が、君に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「僕と、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう一度、