違うブログ

答えを出しながら、変わっていく。

価格が安定した仮想通貨「Zen」とは?

こんばんは。実は仮想通貨に詳しい作者です。

 

ドルと連動した仮想通貨、USDTをご存知でしょうか。

1つのUSDTコインを1ドルと交換できるという、仮想通貨と信用貨幣の中間のような、不思議な仮想通貨です。

さて、USDTと同じような仕組みを日本でやろうという試みがあります。それが仮想通貨「Zen」。試験導入が現在進行中です。

どんなものなのか、簡単にまとめてみました。

 

仮想通貨の本来の理念

仮想通貨には本来、安い、そして素早い決済や送金を実現する、という理念があります。銀行のような窓口はないので、人件費を無くせます。さらに、ブロックチェーンと分散公開台帳システムにより、セキュリティー対策費も抑制できるのです。

価格変動チャートを見ながら一喜一憂するのは、仮想通貨の本来の使い方ではありません。ある意味、その逆とも言えます。

出稼ぎの人が安く母国の家族へ送金できる、といったような、もっと現実味のある話なんです。

 

投機としての仮想通貨

ご存知の通り、ビットコインなどの主要仮想通貨では、価格が短時間で急激に変動します。投機的には面白いんですが、これだと買い物には使いづらくてしょうがないんです。

極端な例ですが、ビットコインを使ってスーパーでパンを買うことを想像してください。

パンを見つけて、カゴに入れ、レジに並びます。ですがその直後にビットコインの価格が急落。場合によっては、レジで待っている間にパンを買えなくなってしまうんです。

したがって、通貨としての利用価値を獲得するためには、ある程度の価格安定性を確保する必要があります。そんな通貨を目指しているのがZenです。

 

どうやって価格を安定させる?

USDTの場合、ドルの入金額が即座にUSDTに変換されますが、Zenには今のところそのような直接的な仕組みはありません。他の仮想通貨とZenを交換する、という仕組みをとっています。

Zenの発行者は、依頼者の仮想通貨(例えばビットコイン)を、その時のレートで円に交換し、円を銀行口座に保管します。その円相当額のZenが、発行依頼者に渡る仕組みです。

つまり基本的には、自分が持っているZenと同じ額の円が、実際の口座に保管されていることになります。

 

 

投機でなく通貨としての仮想通貨ができたら、僕もぜひ使ってみたいです。

 

それでは、また明日!

  bccc.global