違うブログ

答えを出しながら、変わっていく。

恋人との喧嘩はどうやって防ぐか?

こんばんは。おとといの記事がスマートニュースというやつに掲載されたようです。PVがいつもの10倍くらいまで跳ね上がりました。恐ろしいですね。

さて、最近ちょっと喧嘩しがちな作者らです。何年か付き合っている中で、喧嘩のきっかけになりやすいポイントがわかってきました。

自分への注意の意味も込めて、ここでアウトプットします。

 

会うことを急がない

会うことに対する温度差があると、予定合わせがうまくいかなくなります。それによるドタキャンが最悪のパターンです。

しかも、会おうと誘われた側は断るわけにはいかないんです。なぜなら、その提案への答えが「会いたくない」という非常に強い言葉になってしまうからです。

だから、会うことを急がない。そろそろ会っておかないとやばい、という心構えではなく、会いたくなったときに相手を求める。これが適切だと思います。

 

ご飯

デートでお出かけするときに食べるご飯には、注意が必要です。ご飯のチョイスに失敗すると、お互いの空気に支障が出やすくなります。

 

①冒険はしない

エスニックに手を出すなど、ご飯で冒険してみたい、という気が起きることも結構ありますが、危険です。どちらかのオススメで行くことになると思いますが、片方が楽しめているのにもう片方が楽しめないリスクが高いです。

 

②量に注意

バイキングでの取りすぎ、メニューの過剰な注文には要注意です。食べ物の擦り付け合いのようなことになりかねません。料理が美味しくても、多すぎた所為で美味しさが損なわれてしまうんです。

少し少なめに食事を設定して、カフェなどで小刻みに空腹を紛らしていくのが良いです。

 

プレゼント

気に入ってもらいたいという思いと、使ってもらいたいという思いが対立して、摩擦に繋がることがあります。

 

①使用度

アクセサリーや衣服、趣味に関するものなど、贈る相手が強い拘りを持っているモノに関係するプレゼントは避けた方が良いです。当たったら効果は大きいですが、外した暁には一切使ってもらえません。

プレゼントの使用度の差が、軋轢を生みます。

 

②センス

プレゼント選びはセンスが問われます。なので、相当な自信がない限りは、センスの高低による質的な差が大きく出てこないプレゼントを選ぶのがいいでしょう。

ダサいマグカップはまだペン立てとして使うことができますが、ダサいバッグは本当に使いようがありません。

 

最後に

僕からは、こんな感じです!

他にアドバイス等ありましたら、是非コメントで教えてください!