違うブログ

答えを出しながら、変わっていく。

共働き・子供なし。DINKsは日本にどれくらいいるのか?

こんばんは。自分の家庭について考えようとしている作者です。

結婚したら高確率で共働き世帯になると思っています。だって今時専業主婦になりたいなんて言っている同年代の女性なんて想像上の生き物に過ぎないじゃないですか。

あ、結婚できるという前提で話を進めてます。さあ、果たしてそんなことは起きるのでしょうか。

でもまあ、結婚するとしたら、高確率で共働きです。ただ、共働きで子供を育てているイメージが全然湧かないんです。

そこでとりあえず、そういう世帯がどれくらいいるのか、調べてみようと思いました。

DINKsは日本にどれくらいいるのか

 

DINKsDEWKs

DINKs(ディンクス)とは「Double Income No Kids」の頭文字をとったもので、夫婦共働きで子供がいない世帯のことを指します。女性の社会進出が進むことで今後も増加が見込まれるタイプの家族です。

DINKsに対立する概念として、DEWKs(デュークス)というものがあります。こちらはDouble Employed With Kidsの頭文字をとったもので、夫婦共働き、子供ありの世帯を指すものです。僕としてはこっちを目指したいものです。

それにしてもわかりにくい略語ですね。DINKsはまだ知っている人も多いけれど、DEWKsに関しては救いようがない。

 

DINKsDEWKsの割合

平成27年度(2015年)の国勢調査によれば、夫婦共働きの世帯は日本全国に1308万450世帯あり、そのうち子供なしの世帯は413万9823世帯、子供ありの世帯は894万627世帯あるそうです。

つまり、かなり大雑把にいうと、共働き世帯の約1/3はDINKs、残り2/3はDEWKsということになります。

ちなみに、夫婦の就業状況に関わらず、子供がいる世帯は、子供がいない世帯の倍程度いるようです。この割合が今後どのように変化していくのか気になりますね。

 

これを知って思ったこと

共働きというのには、片方がパートである場合が高いと思います。子育てという負担の大きさを考慮すると、夫婦両方フルタイムで子育てというのは相当厳しい気がします。男性である自分がフルタイムで働きながら家庭では子育てをしたいと思うのは、もはや自分のわがままでしかないのかな、と思いました。

更に言えば、この統計は3年前のもの。少子高齢化が進んでいるので、今この瞬間統計を取れば、DINKsの割合が更に増えているという結果が導き出される可能性もあります。

DINKsDEWKsの分岐点にいつか自分が立つと僕は思います。その時、DEWKingをしやすい社会になってくれると、僕は嬉しいかな、なんて思いました。

 

参考!

www.e-stat.go.jp

 

こんな記事も書いてます。 

sourceone.hatenablog.com

sourceone.hatenablog.com

 それでは!