ふと思ったんだけど

言葉にすれば、何か分かるかもしれない

幸せを感じるためにできることって?

こんばんは。憲法第13条に基づき幸福追求権を行使している作者です。 

人間はどうやったら幸せになれるのか?

大事な質問であると同時に、なんとも野暮な質問ですよね。幸せの定義なんてそもそも人によって違います。でも、あえて、考えてみようと思います。

今回は、僕が実践している「幸せを多く感じるための手法」を簡単にアウトプットしてみました。大したことはないですが、参考になれば。

 

幸せに対する感度を上げる

世界はそう簡単には変わってくれませんよね。ならば、自分の世界の見方を変えればいい。これが一番手っ取り早いんじゃないかなって思います。

その一番わかりやすい手段が芸術です。芸術家は、我々が普段気づきもしない世界の奇跡を、我々が気づけるように翻訳してくれます。

映画や絵画を観終わった後、本を読み終わった後の、あの余韻。あれを確実に心に留めることで、日常に対する感性が磨かれると思います。

そうすれば、今まで見逃していた小さな幸せを捉えることができるようになる。僕は芸術にそういうことを期待しています。

 

楽しさは捕獲する

普段幸せであるためには、普段から楽しめることを持っておく必要があります。しかし、やること全てを楽しむことはできません。

家事、仕事、勉強など、嫌でもやらなくてはならないものがあります。日常という時間は簡単にそれらに蝕まれていくのです。

楽しむためには、楽しさを捕獲するために戦う必要があります。その相手とは、有限の時間であったり、お金であったり、あるいは物事を楽しめない自分であったり、実に多様です。

何れにしても、楽しさは簡単に手に入るものではないと思っています。それに向かって戦わなくてはならない。その努力が必要になると思います。

 

人間関係を割り切る

人間関係を例にとって説明しましょう。

僕のように友達が少ない人は、できるだけ多くの人と関わろうと努力しますが、それだけ多くのストレスを抱えます。

なので、僕は関わる人に勝手にランキングをつけています。自分の中でその人物の扱いのレベルを定義しておく。そうすれば、自分にとって心理的重要度のない人からのストレスは、軽く水に流すことができます。

こんな感じで自分が関わる対象を斬っていくと、ストレスを感じなくなり、幸福度が下がることを防げる気がします。

ブログをやると、全部できますね!

 

こんな記事も書いてます!

sourceone.hatenablog.com

sourceone.hatenablog.com