違うブログ

答えを出しながら、変わっていく。

Flash Playerはなぜ無くなるのか?

こんばんは。

ウェブ上の動画コンテンツを再生するプラグインとして重宝されてきたAdobe社のFlash Playerが、2020年に廃止される予定であることを、昨日初めて知った作者です。

そもそもどういう画期性があり、そして今、なぜそれが有効性を失ったのか。ちょっと調べてみました。

 

Flashの画期性

Flash Playerの存在を意識するのは、せいぜい「アップデートがあります」という通知が来た時くらいでした。

ソフトウェア、あるいはプラグインとしての印象が強いFlash Playerですが、実はもっと大きい話らしいです。

Adobeは、 Flash Playerだけでなく、Flashいう規格も一緒に生み出しました。それらをセットで世間に広めたわけです。Flashという形式は、SNSなどと同じように、プラットホーム型のサービスだったと言えます。

 

オンラインコンテンツへの対応力

Flashなどのプラグインは、動画を始めとする様々なウェブコンテンツの充実化を牽引したようです。しかし最近では、これらに代わる新たな規格が次々と登場しています。

WebGLなどといった言葉を聞いたことのある方は多いでしょう。これらは、ブラウザそのものを動画対応にし、外部プラグインそのものを不必要にしてしまうのです。

最近ではこちらが主流です。MacのブラウザであるSafariなどでは、Flash Playerは完全にのけ者扱いになっています。

 

2020年まで

Adobe社は、ソフトウェアアップデートの提供を2020年末で停止すると発表しています。公開されているFlashコンテンツについては、継続的にセキュリティー・互換性の面でのメンテナンスを行っていくようです。

 

 

参考!

theblog.adobe.com