ふと思ったんだけど

言葉にすれば、何か分かるかもしれない

トランプ大統領のツイッターは、なぜ凍結されないのか?

こんばんは。低浮上ツイッタラーの作者です。

イッタラーの皆さんはご存知の通り、暴力的・差別的な発言を行うアカウントは、ツイッターの規約により、凍結される可能性があります。

しばしば話題になる大統領のツイートにこれらの性質を見出す人もいるはずです。なぜ、凍結されないのか?

 

凍結しない理由とは

ツイッター社は過去に何度か理由を示しています。大まかに翻訳するとこんな感じです。

世界的影響力のある人物あるいはそのツイートをツイッターから削除することは、皆が閲覧し議論すべき重要な情報を隠してしまうことになる

 

[凍結は]そのリーダーを黙らせるだけでなく、それを巡る議論までも黙らせてしまう

 

問題を多角的に捉えるためにも元ネタのツイートは必要であり、社会的需要も確実に存在する

 

と、いうことです。

皆さんはどう思います?

 

色々と妄想してみる

まあ、色々考えますよね。僕はこんなことを考えました。

  • トランプ大統領のアカウントを凍結するという判断をツイッターが下した場合、一体どのような反響が出るのだろう。政府はツイッターを責めるのだろうか。あるいは、裏金が回っているのだろうか。
  • 例外的な措置が講じられているということは、すなわち、権力者には通常とは異なるルールが適用されるということである。そこの価値基準、境界条件はどうなっているのだろう。とても気になる。
  • トランプ氏のツイッターアカウントをハッキングしようとする試みは当然あるはず。仮にそれが実行されたとしたら、ハッカーはそのアカウントをどうするのだろう
  • YoutubeとLogan Paul氏のいざこざと同様の反転現象が起きている。すなわち、大した影響力のないツイートをする無害なbotアカウントが停止される一方、攻撃的で真偽のわからない情報を流布するアカウントは停止されない。この矛盾、なぜだろうか

 

最後に

短くて、根拠を必要としない、でも明確なメッセージ。それがツイートというものです。

そしてツイッター外交は、そういう言葉でしか理解できない支持層を狙った戦略なのではないでしょうか。

 

参考

www.independent.co.uk

 

こんな記事も書いてます。

sourceone.hatenablog.com

sourceone.hatenablog.com