違うブログ

答えを出しながら、変わっていく。

【働き方】僕らが革命の旗手となる

こんばんは。思いきって大口を叩いてみようと思う作者です。

 

終身雇用の限界

終身雇用はもはや現実的ではありません

モノやテクノロジーは、進化し、高速で入れ替わっていきます。人間はそう簡単にはそれについていけません。少なくとも、団塊の世代とかミレニアル世代とか、世代単位で考えているのは、少々時代遅れな気がします。

これからは、モノやテクノロジーに合わせて、臨機応変に人材を入れ換えていく仕事環境になっていくと思うんです。

 

キャリアの舵取り

今ある大手企業のほとんどは終身雇用形態から抜け出せていないと思います。それも仕方がない部分はあります。人数が多いのですから、反対分子もいます。

就職希望者側にも問題があると思っています。

時代は動いているのに、依然として大手志向は動かない。渡し船に例えるなら、僕らは、川の流れが変わっているのに、舵を切らないのです。結果的に検討違いの場所に接岸することになってしまうかもしれない。

 

まずは全ての選択肢を見る

ベンチャー系企業を見てみると、職業スタイルはかなり多様化してきていることがわかります。

それらの選択肢を、僕らは発掘し、そこに挑戦しなくてはならない。そして、後輩に手本を示していく。それが僕ら若者の役目でもあると思います。

とは言ったものの、僕はこういう経験もしているので、本当に駆け出しのベンチャーには危機感を覚えます。

sourceone.hatenablog.com

 

最後に

企業志向的にはベンチャーは好きです。もしかしたら掘出物があるかもしれない。そういう期待を込めて就活に臨んでいこうと思います。