違うブログ

答えを出しながら、変わっていく。

ブログが3ヶ月で消える理由が何となくわかった

こんばんは。勢いで書いてます。散文ご容赦ください。

 

ブログにやりづらさを感じる。

ネタが尽きたわけではない。ただ、何となく、前よりやりづらくなった。状況が変わった気がするのだ。

理由は何だろう。120記事。4ヶ月。3ヶ月で消えていくブログが大半というのをどこかでみたが、つまりはだいたい「そういう時期」にフィットするのだろうか。

 

僕は一時期スターを消していた。ブクマが一番多いのは、その時期に書いた記事である。

スターを戻したことにより「読んでないのにブクマをつける人」がいなくなり、記事のブクマ数は低迷している。至極当然の結果なのだが、それをわかっていても、少々落ち込んでいる自分がここにいる。

 

しかしよく考えてみれば、今までこのブログは多くの変化を経験しすぎた。

  • スターの削除、そして復活
  • ブログ名の変更
  • はてなによる贔屓
  • スマートニュース砲

このような変化がこのブログを訪れた。なんとも「適切な」インターバルでこのブログを訪れたのである。変化豊かな状況がいつまでも続くという幻想を抱かせるような、適切なインターバルで。

しかし、何年、何十年という長いスパンで見ると、これほどの劇的な変化というのは、相当レアであるように思われる。

つまり、ただ単に、今までが急すぎたのだ。緩やかなカーブに気づかずに僕は運転し続け、気づいたら車線外へと出てしまっていたのだ。

 

ブログが3ヶ月で停止する原因は、おそらくネタの欠乏ではない。

ブログを始めたての頃は、アクセスや読者数のラッシュがある

ブログを始めたての僕らは、今後も同じような成長が続き、自分のブログが大きなブログへと成長していく姿を夢見る。おそらく、その初期ラッシュが落ち着くのがこの時期なのだ。

記事は書いているのに、アクセスや読者数が変わらない。ここで初めて幻想が打ち砕かれ、僕らは現実を突きつけられる。長期間ブログを続けることが意味する現実を。

この現実を受け入れられなかった者たちが、静かにブログからフェードアウトしていくのではなかろうか。

 

こんなのもどうぞ。

sourceone.hatenablog.com

sourceone.hatenablog.com

それでは!