違うブログ

答えを出しながら、変わっていく。

この無気力の原因は何か?

こんばんは。無気力作者です。

皆さんはどうですかね?僕は結構な頻度で無気力になります。

重要なイベントの前とかにこの無気力が来訪することがあって、直前で何とかギリギリ間に合わせる、みたいなことを今まで何度もしてきました。

そしてその後、後悔して、やる気が徐々に戻ってくる、みたいなサイクルを、延々と歩んできました。

さて、記事のネタが尽きたので、自己分析でもしてみましょうか。

 

小さなマイナスの積み重ね

今回の無気力の原因は何でしょう。

まず、先週の半ば、インターンの選考でこっぴどくやられました。原因は準備ができていなかったことです。

なぜ、インターン選考の準備ができていなかったのか。準備はゴールデンウィークに終わるはずでした。しかし、ゴールデンウィークは時間を無駄にしすぎました。やろうと思っていたことが全然終わりませんでした。というか今も終わっていません。

なぜゴールデンウィークが無気力だったのか。おそらくその前に行った別のインターン選考が原因です。GD形式だったのですが、選考は通ったものの、全然思い通りにいきませんでした。

ここが多分、原点でしょう。GDなんて今までほとんどやったことがなかったわけですから、できなくて当然です。なのに自分は落ち込む方向に進んでしまった。

 

プライドが高すぎる

何で自分は落ち込んでしまったのか。

誰だか忘れてしまいましたが、こんなことを言っている人がいました。

落ち込む人は自分を高く評価しすぎだ。自分を低く評価しておけば失うものはない。

できなくて当然、できなくても仕方ない、という理解が、僕はできていないようです。

その根源には、できた方がかっこいいという考えがあります。それで、実力は伴っていなくとも「できている体」づくりを頑張ってしまうのです。

 

僕には実力が無い

僕は今まで全力で努力したことがない人間です。自分がやっていることにあまり思い入れを持てずに生きてきました。

全力で何かをやり遂げた経験って、きっと素晴らしいものなのでしょう。そしてそれが実力になっていくのでしょう。

僕自身、「全力での努力」をする努力を今まで何度かしてきたつもりです。でも、全力を出そうという気持ちがなぜか維持されないんです。そして、それが終わってしまったとき、自分は全力を出し切れなかったと納得しながら後悔するのです。

しかし、どう頑張っても後悔しか残らないというのは、美徳でもあるのかもしれない。

僕は永遠に満足を求めて彷徨い続けるのかもしれませんが、そこをポジティブな方向に翻訳できればいいのかなって思います。

 

よし、僕の問題点を整理してみよう。

また今度!