ふと思ったんだけど

言葉にすれば、何か分かるかもしれない

メロディック・プログレッシブハウスを知っているか?

こんばんは。コアな音楽マニアの作者です。

「メロディックプログレッシブ・ハウス」は、日本人アーティストが数多く活躍するジャンルです。素敵なジャンルなのに知名度が低いので、布教しちゃいますよ~。

 

ジャンルの紹介

ハウスという名の通り、一応、ダンスミュージックです。そう聞くとイケイケなイメージを持たれるかもしれませんが、その真逆だと思ってください。

夕方。日没。出会いと別れ。涙。ノスタルジア。そういうのがテーマになります。

こういった空間や雰囲気を、歌詞ではなく、美しい和音やメロディーを通して描き出す...そういう音楽です。

「ダンスミュージックだがパリピミュージックではない」という微妙な位置付けのため、ジャンルとしてはぶっちゃけ儲からないと思います。アーティストは皆、副業音楽家です。しかし、商業的でないからこそ、質の高い作品が数多く集まっていると個人的には思います。

何曲かおすすめを紹介しちゃいますね。

 

South Pole - One Last Glimpse

他のはいいから、これだけは、絶対に聞いてもらいたい。完成されている。完璧な夕日空間が、あなたを優しく包み込んでくれます。

youtu.be

 

Sunlight Project - La Marea

Mareaは波という意味らしいです。さざ波のような優しい音色に心洗われます。

youtu.be

 

Roald Velden - After Midnight

電灯の明かりがきらめく夜の街。語り明かした親友と、ゆっくり歩きながら帰る夜道。

youtu.be

 

Eric Leon - Happy (Max Denoise & Harnam Remix)

ノスタルジックな、温かい思い出。「今はない幸せ」がテーマかと思います。

youtu.be

 

日本人アーティストとしては、

  • Shingo Nakamura
  • Tact Tokyo
  • Ryo Nakamura 
  • Keisuke Kimura
  • Keisuke Hara

などが活躍しています。

Shingoは、Silk Musicというレーベルを持っており、このジャンルではとても有名です。Tact Tokyoは最近人気を集めてきたデュオ。Keisuke Haraは確か現役の大学生さんです。

こういう音楽こそ、クール・ジャパンとして打ち出していきたいところです!

 

それでは!

 

P.S.

前々々回英語記事を投下したのですがアクセスはむしろ増えてましたw