ふと思ったんだけど

言葉にすれば、何か分かるかもしれない

ブロガーはなぜここまでブログに振り回されるのか?

こんばんは。ブログで一喜一憂する作者です。

何で自分がこんなにブログに振り回されているのか、わかりません。そんな自分が不愉快です。ブログなんていらねーよと、正々堂々と言えるくらいの人間になりたい。

一度冷静になって原因を分析してみます。

 

ブログで自分の成長を保障する

日常のなかで、安定して成長を感じられるものって、あんまり無いんですよね。

例えば、ランニングをしていても体力はすぐにはつきませんし、本を読んでも「知識」がついたかどうかを確認する術はありません。だから僕は、すぐ自信を無くしてしまいます。

逆に、ブログはとにかく記事を書いていれば勝手に成長していきます。しかも、僕のように何も考えずに積み重ねていても、成長させることができてしまいます。

自信がない僕は、自分とブログを同一視し、記事を書いてブログを成長させることで、自分が成長していく快い幻覚に浸っている。だから、ブログの成長が止まると自分の心が大きく乱されるのです。

 

ブログは「無駄な努力」

達成感って、なんだと思いますか?僕は達成感を、日常の努力を清算してくれるものと捉えています。

色々な努力をして、本番が何とかなれば、自動的に達成感が構築されていく。そういう風にして努力と達成感の間で清算が起きるから、いい感じに日常が回っていくのだと思います。

一方で、ブログはどうか。

僕の場合、記事を書くことに努力が必要なのは確かですが、ブログって、達成感が定義できないんですよね。言ってしまえば、努力が清算されない、つまり努力が無駄になっているということです。

そもそもブログを「努力」とか言っている時点で、何かが間違っているのかもしれません。

 

他人を犠牲にした自己優位性証明

特殊であること、特殊であろうとすること自体には、何ら問題は無いと思います。実際、人それぞれやること考えること違うわけですから、それぞれが特殊というのはむしろ自明とも言うべきです。

問題は、他人を犠牲にして自分が特殊であることを証明しようとする点にあります。

僕がブログで語るのも、自分は人よりも思考力がある人間だと思っているからです。どうだ、知らないだろう、という態度で記事を書き、インターネットの向こう側の仮想的な読者に対して、自分の優位性を証明しようとしているのです。

僕は、ブログという罠を張り、「知りませんでした!」という愚かな読者を待ち構えている。それが来ないと、僕のエゴは飢えて死んでしまうのでしょう。

 

お金の話

文字数。見やすさ。トピック選び。検索エンジンに好かれるためのテクニック。色々な方のブログを読んでいると、アフィリエイトって、本当に本気でやらないと儲からないんだろうなってことを悟ります。

ブログでお金を稼ぐことを夢見てブログを始めたものの、うまく行かずに苦しんでいる人も、少なからずいるのではないでしょうか。

僕自身、ブログを始めた時は、ブログでお金を稼ぐシステムがあることすら知りませんでした。そういう意味では、自分はブログをお金と切り離して考えることができていると思います。

むしろ検索エンジンで調べてもパッと出てこない箇所を突くようなブログを書いているわけですから、完全に逆行しています。笑

 

まとめ(個人的に「これキマった!」と思った文)

  • 記事を書いてブログを成長させることで、自分が成長していく幻覚に浸る。
  • ブログを「努力」とか言っている時点で、何かが間違っている。
  • ブログという罠を張り、「知りませんでした!」という愚かな読者を待ち構える。

 

久々の長文。でも色々スッキリです!

 

ブログ関連で、こんなのも書きました。

sourceone.hatenablog.com

sourceone.hatenablog.com

それでは!