違うブログ

答えを出しながら、変わっていく。

人間はなぜセルロース消化酵素を持たないのか?

こんばんは。大腸菌に依存した作者です。

植物、すなわちセルロースは、僕らの周りにあふれています。セルロースを分解すれば、人間にとって重要な糖を得ることができます。

ですが、僕ら人間が作り出す消化酵素では、セルロースを分解することができません。大損してますよね。なんでこんなことに?

 

セルラーゼが使えない状態

セルロースの分解には、セルラーゼという酵素が必要になります。

腸内細菌はセルラーゼを持っているのですが、人間はなぜかそれを持っていません。セルロースから栄養を取り出すことができるのは、完全に細菌のおかげです。

セルロースを分解する酵素をつくる遺伝子を持った動物は見つかっていますが、それらの遺伝子は機能しないようになっているようです。

ちなみに、植物自身もセルラーゼを持っています。自分の細胞を破壊するときにセルラーゼを一時的に機能させるそうです。

 

セルロースはそもそも分解が難しい

セルロースは化学的に非常に安定した化合物で、分解が難しいものになっています。さらに、細胞壁の材料の1つであるリグニンと結合することによって、セルロースの分解はより一層困難になります。

セルロースは植物の体を構成する大事な成分です。それが簡単に分解されるような代物だったら、植物は種として存続ができません。だからこそ、簡単に分解されないような工夫をしたのでしょう。

セルロース - Wikipedia

 

セルロースをあえて分解する必要がない

植物と異なり、僕ら動物の体は、主にたんぱく質でできています。従って、僕らにとっての最優先事項は、たんぱく質の摂取と分解です。

また、ブドウ糖そのものは、セルロース以外の供給源があります。例えばデンプンは、セルロースよりも簡単に分解できます。

植物の編み出した、消化しづらいセルロースをわざわざ分解するより、デンプンやタンパク質などの他の物質を分解した方がよい。そう判断したのかもしれません。

jspp.org

勉強になりました!

 

こんなのも書いてます。

sourceone.hatenablog.com

sourceone.hatenablog.com

それでは!