ふと思ったんだけど

言葉にすれば、何か分かるかもしれない

ネット下の世界

こんばんは。ネット上のブログの、実体のない作者です。

ふと疑問に思ったのです。ネットはなぜ「上」なのか。なぜネット下でもネット側でもネット内でもないのか?

 

なぜ「上」?

ネット上を探しても理由は見当たりませんでしたが、ネット下の僕には、2つほど思い当たる節があります。

ひとつは、「何かがネットワークの上に載っている」という捉え方。onlineという単語、on the Internetというフレーズにも表されているように、敷かれた何かの上に情報が載っている、という捉え方ですね。

そしてもうひとつは、「インターネットが我々の『上』にある」という捉え方。インターネットは、物理的な距離を超越した、地球全体を覆うスキンのようなものと捉えられます。いわば第二の地球なのです。

 

第二の地球

我々の上位にある、第二の地球。この二つ目の解釈が、我ながらとても示唆的だと思います。

例えば僕は、普段は出さない本音をインターネットでぶちまけます。本音は、愚痴だったり、夢だったり、下ネタだったり、いろいろあります。

第二の地球上に、第二のリアルで生々しい自分がいる。みなさんもおそらくそういう状況ではないでしょうか。

それらを積み重ねていった先には、実物の地球よりもリアルで生々しい、第二の地球のイメージがあります。地球上のあらゆる愚痴や夢や下ネタが、第二の地球に蓄積されていくのです。

 

第二の地球による侵略

僕たちは日々、スマホやパソコンというポータルを通して、あっちの地球とこっちの地球を行き来しています。それは結局、第一の地球を第二の地球へと近づけるために必要な、地球面調査のようなものです。

第一の地球はいつか、第二の地球に置き換わるかもしれない。それに備えて、今のうちに、僕の持てるまともな下ネタを、向こうにバックアップしておかなくては。

 

こんなのも書いてます。

sourceone.hatenablog.com

sourceone.hatenablog.com

それでは!