ふと思ったんだけど

言葉にすれば、何か分かるかもしれない

無修正で記事を書いてみる

こんばんは。無修正、生出演の作者です。

一切文章に修正を入れずに記事を書いてみようと思います。クオリティの低下は免れませんが、図に乗らないためにも、やってみようかと思います。

 

修正の集積

記事を書くとき、おそらく最も頻繁に直すのは見出しです。分かりやすさを重視したいのなら、見出しから直すことが先決です。見出しの流れをしっかりさせて、それに合わせて文の流れを修正していけばよいですよね。

ただこの記事の特質上、見出しの修正ができません。非常に痛い。心が痛む。ああ、僕はなんとひどいコンテンツを読者に届けているのだろう。これでもなお読んでくれる人がいるのは不思議だ。不思議でならない。

 

くそ真面目系ブロガー

悪ふざけ要素がたくさん入ったブログは好きです。読んでいて面白いので。

しかし僕にはあまりその才能がありません。才能がない、というよりは、すらすら出てこないんですよね。

本当に勢いがあるときか、数日記事を熟成させたとき。それ以外の場面で書くと、このようなくそ真面目な記事になります。

でも、真面目な記事を書くことは、誰にもできることだと思います。そもそもブログを書こうと思い立った時点で真面目すぎるくらいですからね。

そしてこの記事をまだ読んでいるのなら、なおさら真面目すぎる。その読者におかれては、多少の忖度をしてもよいかもしれない。

 

高速執筆

面白く書く技術自体はそこまで羨望してはいません。第一、羨望したところで簡単に手に入るものではありません。そしてその技術を真似たところで、僕の楽しさは上昇したりはしません。

ただ、それなりのクオリティの記事を短時間で仕上げる能力、これは非常に羨ましいんですよね。僕も以前までは相当な時間をブログに捧げてきました。最近では意図的にブログの軽量化を行っていますが、それでもまだまだ遅いんですよね。

ブログは時間がかかる。想定をはるかに超えて時間がかかる。それを知っていたら、僕はブログを始めていなかったかもしれません。

始めたことは後悔していないし、今後もやめるつもりはありません。知らなくて、良かった。

 

さて、この記事にかける時間はこのくらいでよいでしょう。わりと、僕の本音、くそ真面目な本性が現れましたね。僕にとってはいい記事になったと思います。

 

他のくそ真面目系記事

sourceone.hatenablog.com

sourceone.hatenablog.com

それでは!