ふと思ったんだけど

言葉にすれば、何か分かるかもしれない

ブログというメディアはなぜ非常に危険か?

こんばんは。非常に危険な記事を書く作者です。前々から書こうと思っていたことを、ついに書こうと思います。

ブログの危険性とは何か?

 

思考が固定化されている

よく言えば、ブログは自分の思考の結晶です。悪く言えば、自分の凝り固まった思考の殻に閉じこもった人がブログを書いています。

何れにしても、ブログというメディアは「一方通行性」が高いメディアです。自分だけの完全な世界を作ることができます。

コメントなどで批判を食らう場合もありますが、僕のように承認制にしてしまえば、そして当たり障りのない記事ばかり書いていれば、批判されることはまずありません。

その凝り固まった思考を読むことで、読者は自分の思考を強制終了される危険性があります。なので、ブログを読むときは、どこか冷めた目を持っていた方が絶対にいいです。

 

真偽が分からない

ブログは最も信用できないウェブメディアの1つです。なぜならブロガーは、メディアと異なり、情報を中立の立場で伝える義務を背負っていないからです(それが良さでもあるが)。

また、ブロガーのリテラシーは欠如していると思います。ウェブ検索でヒットしたブログ記事を見ると、Wikipedia丸パクリのものに頻繁に遭遇します。

あるいは、リテラシー以前に、オリジナルなコンテンツを作りたいというプライドがないのでしょう。発明とはバレない盗作であると誰かが言っていましたが、バレているならオリジナリティーは全くありません。それを勘違いしているのは嘆かわしいことですね。

 

現実との間に開きがある

大災害が起きているというのに、まるでそれが起きていないかのように、アフィリエイトまみれの記事が投稿されていく様は、実に滑稽です。ああ、自分はそうでなくてよかったなと、つくづく実感した次第です。

とは言ったものの、僕も彼らと変わりません。災害を前にして、自分がどういう記事を書けばいいのか、全然分かりませんでした。申し訳程度の、走り書きの記事しか投稿することがせめてもの償いでした。

ブログは現実逃避的な性質を持っています。僕自身もそれに縋っていることを認めます。ただそれは、時に非常に冷酷な行為として映るという認識は、携えていても損はないと思いました。

 

こんなのも。

sourceone.hatenablog.com

sourceone.hatenablog.com

それでは!