ふと思ったんだけど

言葉にすれば、何か分かるかもしれない

「契約結婚」はなぜ危険か?

こんばんは。「契約によって生まれた作者」です、と聞くと、どんな印象を持たれますか?親が契約結婚で、自分は契約によって生まれた…それを知らされた子供は、一体どんなことを考えるのでしょうか。

最近、いろいろなところで「契約結婚」というワードを見かけますが、それについて思ったことを書いてみました。

 

別に新しくない

契約結婚」。最初は斬新だなと思っていましたが、よく考えたら、別に新しくも何ともないのです。言ってしまえば、普通の結婚と大して変わらないのです。

全く異なる家庭文化の中で育ってきた2人の人間が出会い、同じ屋根の下に住む。結婚とはそういう関係性です。

そうである以上、2人の間で、なんらかの取り決めが必要になるのは自明です。契約書というかたちで明文化されているかは別として、2人で話し合い、取り決めを行うことは、「契約結婚」であるか否かに関わらず必要なことです。

逆に、契約としてわざわざその取り決めを固めなくてはならないような2人は、少々危険な組み合わせかもしれません。

 

手段と目的の取り違え

結婚しているとか、子持ちであるとか、そういう「ステータス」は残念ながら現在も存在します。しかしそれは、結婚生活の質や子育ての質とは関係がありません。子供に対してDVを働いている夫婦だって「結婚している」「子持ち」です。

結婚はあくまでも手段で、結婚自体は目的たり得ない。結婚して、その先をどうするか。そこが本当は重要なのに、契約結婚は近視眼的で、結婚を最終目標に据えています。

本当にやるべきは「結婚契約」ではなくて、2人でどうやって生きていくかを問う「人生契約」ではないですか?

 

結婚への焦り

はてな界隈でも一時期、契約結婚に関する記事が人気を集めていました。しかしそれを読むと、ただ単に、結婚を焦っているようにしか見えないのです。

結婚を焦ること自体は正常だと思います。晩婚や高齢出産などのリスクは当然ありますから、早いうちに結婚することを推す人がいるのも理にかなっています。

ただ、契約が逃避になってはいけないと思うのです。契約とは基本的に、何かあった時に自分が背負う負担を減らすためのもの。「ここまでは僕の責任だけど、ここからはあなたの責任」という感じで、相手に責任を押し付けるようなことになりがちです。

それを結婚という関係に当てはめている姿をみると、この人たち、本当は結婚したくないんじゃないの?と思ってしまうわけです。言い換えれば、結婚するための言い訳を生産しているように見えてしまうのです。

 

とまあ、少々攻撃的なコンテンツになってしまいましたが、皆さんは「契約結婚」についてどう思いますか?

 

こんな結婚もどうぞ

sourceone.hatenablog.com

sourceone.hatenablog.com

それでは!