ふと思ったんだけど

言葉にすれば、何か分かるかもしれない

こんばんは、読者です。【18年7月編】

こんばんは、読者です。今月もやってきました、このコーナー!

 

この発想はなかった

internet-internet.hatenablog.com

どんどん卵が自由を獲得していくフローが非常に面白い。いつか卵も翼を獲得し空を飛べるようになるのではないか、という気さえしてきます。

こういう表現、普通の人にはできないと思います。シュールレアリズム的な独特の感性を感じました。

 

スポーツは国威発揚のための手段

theta-proto.hatenablog.com

ふむふむ。スポーツは確かに、国威発揚のためのツールという風にも見えますよね。

今まで自分は、「日本の誇り」とか「地元の誇り」とか、そういうものにどこか共感できずにいました。でも、もしかしてそういう概念は、国やメディアによって植え付けられたものなのではないか?そう気づかせてくれた1記事でした。

 

後悔は残る方が良い

ottimista.hatenablog.com

なるほど系の記事でした。

後悔があるということは、逆に、何かで一生懸命だったということかもしれません。一生懸命物事に取り組むことも、後悔することも、常にやるべきことを追求している優れた人間にのみ許された特権です。広義な解釈ですが。

 

何のせいにもできないことが辛い

ei5sukisuki.hatenablog.com

誰もが感じているであろうことを、非常に丁寧に言語化されています。何とも羨ましい文章力と観察眼。

誰のせいにもできない。個人的には、真逆の解釈もできると思います。

つまり、災害は全員のせいである。防災対策を徹底できなかったあらゆる人や団体に責任があります。政府にも責任はあるけど、その政府を任命したのは僕ら国民。全員のせいであるが故に、誰のせいにもできない。責任は、どこにでもあり、どこにもないものです。

 

意識高い系は冷たい

www.ashitamomusyoku777.com

僕も一時期、意識高い系になろうと努力していました。意識高い系が多く存在するコミュニティーに乗り込んでいったりしました。

彼らは確かに熱い。でもそれは他人に伝達する熱さではないんです。完全断熱の内燃機関、断熱過程です。そういう意味では、彼らはむしろ常人よりも他人に非常に冷たい。彼らに温めてもらいたかった僕は、逆にその冷たさにやられました。

 

以前の読者です。

sourceone.hatenablog.com

sourceone.hatenablog.com

それでは、来月も頑張っていきましょう!