ふと思ったんだけど

言葉にすれば、何か分かるかもしれない

僕たちに「老後」は与えられるのか?

こんばんは。将来年金をもらえるのかどうか、不安でならない作者です。日本の社会保障制度が崩壊すると叫ばれ始めてしばらく経ちますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

公務員の定年を65歳まで引き上げる方向で調整が進んでいるというニュースを目にしました。その時はふーん、という感じだったのですが、ちきりんさんの「これからの働き方を考えよう」を読んで考えが変わりました。今日はそれについて書きます。

僕らは年金をもらえるのか?そして、いわゆる「老後の生活」ができるのか?

 

定年の引き上げは財政問題に過ぎない?

定年を引き上げるということは、働く期間が延長されるということです。つまり、年金をもらい始める時期が遅れるということです。

年金の支給開始が遅くなるということは、社会保障制度上の金銭的な余裕が生まれるということです。なぜなら資本を増大させるための時間稼ぎが可能になるからです。支給開始を遅らせることで、予算に余裕を作ることができます。

僕自身はまだ年金の金額がどのように改定されているのか知りません。なのでこの見解は間違っているかもしれませんが、こうした対応は、政府の自己救済的かつその場しのぎ的な対策であるように思えます。ツケを後世=僕らに回しているだけなのです。

それを迷惑だと感じるほど僕はまだ社会的な金銭感覚が身についていないのですが、後になってからそのヤバさに気づくというのも嫌な話です。

 

年金支給開始の遅れと収入

僕の高校には再雇用の先生方がいました。彼らは、担任としてクラスを担当することはなく、曜日によっては学校に出勤しないという日もありました。

働いたことはないので断定的なことは言えないのですが、学校の職員に限らず一般企業でも、高齢の職員に関しては、重い責任を担うような仕事からは外す対応が一般的になるのではないかと想像します。

今までの年功序列的な会社であれば、年配の社員はそこにいるだけで高額の給料をもらうことができたはずです。しかし、そうした負担の少ない仕事に回されたら、それらの社員の減給は免れません。

つまりは、給料が低い状態で会社残留を余儀なくされ、しかもその期間は年金の支給がないわけです。これって結構過酷なのでは?(コメントで指摘いただいたのですが、ここは間違いと思われます。知識不足です)

 

老後に関して

僕の祖父母たちには、健康があって、時間があって、できることもたくさんある。老後も悪くないな、なんて思わせてくれます。

一方で、僕たちの老後はどうか。

定年が引き上げられたり、年金の支給開始が遅らされたりしたら、僕らはより長い時間を労働に費やさざるを得なくなります。老後と呼べる期間が短くなるのです。場合によっては持っているお金も祖父母と比べて小さいかもしれない。

働き潰されるような人間にはなりたくないけど、勝手に制度や時代がそういう方向に進んでいるのかもしれない。そう考えると、少々陰鬱な気分になります。

 

こんな労働もどうぞ

sourceone.hatenablog.com

sourceone.hatenablog.com

それでは。