違うブログ

答えを出しながら、変わっていく。

ブロガーの皆さん、こんな悩みをお持ちでは?

こんばんは。悩めた作者です。

別にブロガーからお悩みを募ったわけではありません。むしろその逆というか、僕自身の悩みですw

 

 

①ネタがない。

すでにブログを書かれている皆さんなら、ネタがないなんてことはないと思います。頭の切り替えさえできれば、問題にならない。

sourceone.hatenablog.com

ただ、書きたくない気分のことを「ネタがない」と言っているのかもしれません。その時は休むべきです。無理して書く必要は無い。結局は趣味ですから。

ちなみに僕は、ネタがなくてもついつい書いてしまう体質になりました。そういう状態に一度なってしまえば、ネタ切れという事態は起こりませんね。もう一生遭遇しないかも。

 

②ブログに時間をかけすぎている。減らしたい。

ブログに時間をかけることは良いことです。一人の読者としても、ゆっくり丁寧に書かれたブログを読みたいです。(はいそうです、他人に厳しく、自分に優しいタイプです、僕は。)

それでもブログにかける時間を減らしたいなら、下の手法をオススメします。

  • 持っている知識はちょい出しで使う。1つの超充実した記事にまとめられそうなコンテンツでも、無理せず複数の記事に分割し、それぞれを膨らませる。
  • SEOを無視するのであれば、文字数は少なくても問題ない。記事を読む側としては、基本的に文字は少なければ少ないほど良い。
  • 電車通勤などの隙間時間を有効に活用する。ブログを書くのは結構時間がかかるので、それだけのために時間を割くのは可能であれば避けたい。

 

③毎日更新すべきか否か?

「毎日」更新か否かはあまり重要ではない。「安定した定期更新を行うか否か」が重要です。頻度は人それぞれであって良い。

安定した定期更新は、読者の定着に関わります

読者としては、このまま購読していれば、今後ももっと面白い記事を書いてくれるかもしれない!という期待を抱くことができます。

そして作者としては、いい感じの記事を1つ書くことに成功しただけの一発屋ブロガーではないことを示すことができます。購読し甲斐のあるブログであることをアピールできるのです。

 

④コメントしたいけどして良いのか悩んでます。

僕自身は何も躊躇せずにコメントするタイプです。何でそうするのか、理由を1つに絞ることはできませんが、以下のようなことをよく考えてます。

  • 悪意のある場合を除けば、基本的にコメントはもらって嬉しいもの
  • コメントしたら、僕の記事も読んでくれて、コメントをくれるかもしれない。正のスパイラル。それはそれで嬉しい。
  • コメントされたくないのであれば、ブロガーはコメント欄を閉鎖するはず
  • 相手のコメント返しのことまで考えてコメントするといつまでたってもコメントできない。だったらコメントしたいという気持ちを優先した方が良い。

 

⑤収益化すべきか否か。

これに関しては、自分が収益化していないので、客観的な答えを出せません。

ただ1つ言えるのは、中途半端が一番苦しむということです。中途半端というのは、こんな人です。

  • 本格的な収益化を目指しているけど徹底して実施できていない人
  • 収益化していないけどPVが増えてきたため収益化しようかなと考え始めている人

僕は後者でした。

その僕は、中途半端な調べ物でSEOまがいのことをやりました。当然、PVや検索流入は全然増えない訳です。そうすると、もうブログなんかやめちまえ、という精神状態に陥ります。自業自得なのですが、これが当事者としては結構苦しいんですよね。どっちかに割り切ることが重要だと思います。

 

いかがでしょう?何かしら参考になれば幸いです!

 

こちらもどうぞ。

sourceone.hatenablog.com

sourceone.hatenablog.com

それでは!