違うブログ

答えを出しながら、変わっていく。

このブログはどこへ行くのか?

こんばんは。何者です?作者です。

  • 我々はどこから来たのか
  • 我々は何者なのか
  • 我々はどこへ行くのか

ゴーギャンが問い、そして我々が日々、どれがどれだか分からなくなりながらも、ゴーゴーギャンギャン喚きながら自分に問う質問です。

しかし「どこから来たのか」「何者なのか」を明かすと身バレして社会的に死にます。じゃあせめて最後の質問だけでも。ということで、

このブログはどこへ行くのか

 

横浜に行く

アナリティクスを見ていると、なぜか、横浜からのアクセスが多いことが分かる。僕は横浜にストーキングされているのだろうか。

心当たりがないわけではない。この際認めよう、確かに僕は、横浜と、ホテルで、一夜きりの関係を持ったことがある。

最初、彼女の外見や噂に惹かれたのだ。しかし実際に会ってみると、彼女は空っぽだった。彼女の唯一の取り柄は焼き小籠包だった。それ以降彼女にはアクセスしていない。

 

火星に行く

人類はいつか火星に行くとされています。僕は人類に所属しているので、僕もいつか火星に行く可能性があります。ブログは僕に所属しているので、このブログも火星に行く可能性があります。そう、我々が崇拝するPVも、いつか火星の方に行ってしまうのです。

そして当然、火星ではミニマリストライフが強いられます。ミニマリストの皆さん、今が記事の書き入れ時です。火星への人口流入による検索流入を掴め

 

あなたの心にドロップドロップする

ごめんなさい。いまだにポプテピピック・ロスから回復しておりません。早く2期目やれ。

sourceone.hatenablog.com

 

海のあぶくとなる

グーグルという太洋でこのブログは溺れて沈んでいます。しかしそれでもいくつかの泡は海面に到達しています。

sourceone.hatenablog.com

sourceone.hatenablog.com

どれもめちゃくちゃ文字数少ない記事ばかり。やはり軽い方が水によく浮くようですね(爆)

 

本になる

ブログチャレンジ最後の難関。それまでは、記事が何ブックマークとか、そういう形而下的な話なのに、突如としてハードルが上がる。正直な話、ハードルが上がりすぎて下を容易に通り抜けられる。もはや「チャレンジ」ではない。

 

真剣な話

ブログって、自分の中に向かっていくものだと思うんです。書けば書くほど自分が暴露され、空気に触れ、錆びていく感じがあります。しかし、昔書いた記事をもう一度磨いてみると、結構輝きを取り戻したりするんです。

ブログを書き進めた先に何があるのかは、よく分からない。ただ、記事を重ねていくことによって、その何かに確実に近づくことができています。僕は何かを信じたことがない人間ですが、今はその実感を信じて書くことができています。

本にはならないけど、本を書いているような気分。この美しい確信にいつまでも浸っていたい。なんてね。

 

こんな行き先もどうぞ

sourceone.hatenablog.com

sourceone.hatenablog.com

sourceone.hatenablog.com

それでは!