違うブログ

答えを出しながら、変わっていく。

「ありえない未来」を想像できるか?

こんばんは。ありえない作者です。

考えが行き詰まって記事にできていなかったテーマですが、ついに公開しちゃいます。

「あり得ない未来」を想像できるか?

 

他のブロガーさんの力を借りました

僕の敬愛するブロガーの方がたまたま質問を募集されていたので、投稿してみました。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sourceone/20180906/20180906080049.jpg

そして、僕からの質問を受けてNEOさんが書いてくれた記事がこちらです。面白いので皆さんもぜひぜひ!

neoism.hatenablog.com

NEOさんは以下のように「あり得ない未来」を解釈してくれました。

現時点においては論じられていないが、地球において将来起こらなさそうではあるけどちょっとは起こりうるんじゃないかと思われる事柄

僕の「あり得ない未来」の定義が曖昧過ぎましたね、、完全に僕の説明不足です!ご迷惑おかけしました。

では、僕もNEOさんの定義に乗っかって書いていこうと思います!

 

「不味い食べ物」がなくなる

皆さんは嫌いな食べ物はありますか?僕はロブスターが苦手ですね。飼いたいんですよ、あいつらを。捕食じゃなくて、飼育と観察。これって好き嫌いとは別かな?

無論、ロブスターは毎日食べるようなものではありませんが、例えば、菠薐草、ピーマンなど、身近な野菜が嫌いな方は、日々苦労されているのではないでしょうか。

しかし今後栄養サプリメントの開発が進めば、嫌いな野菜を摂取せずとも栄養を摂取できるようになります。極論を言えば、菠薐草の栄養分を全て含んだ「菠薐草」という粉末を水に溶かして飲むような未来になっているかもしれない訳です。

あるいは、逆のアプローチもあるかもしれません。感覚器官をコントロールしちゃうのです。それによって、まずい食べ物をまずいと感じられなくなる

一見あり得ませんが、芳香剤は既に感覚器官コントロールを実現させています。別の匂いの存在が不快な匂いを感じさせなくする現象。マスキング効果と言いますが、芳香剤はこれを使っているのです。

 

「恋愛体験」ができるようになる

お馴染みの、吊り橋効果。怖い状況下で女性に「親切」にされた男性は、怖さによる心拍数増加を女性への恋愛感情と勘違いする、という現象です。

これと同じようなイメージで、恋愛感情に関係する適切な脳波を増幅させることによって、擬似的に恋愛感情を再現・体験させることができるのではないか、と僕は考えています。

ただし、こうした脳への刺激の弊害はわかりません。例えば、恋愛体験中もしくは恋愛体験直後に出会った人間に対して錯覚的に恋愛感情を覚える可能性もあります。

また、体験ができるからと言って、実際に体験しに来る人がいるかというと、それはまた別の話です。体験に来るような人の中には、おそらく恋愛をしたいと思っていない人も多いでしょうから。

 

人と恋に落ちるロボットができる

「人がロボットと恋に落ちる」のはよくあるシナリオですね。アニメの定番ですし、最近では中国のSNS上で活動する人工知能と恋に落ちた男性の話が話題になりました。

しかし、おそらくこうした話で見落とされがちなのは「逆」があるということです。ロボットが人間に恋をする時代が来るかもしれない。

そのロボットには、会話を分析して理想的な彼女キャラクターを作ってくれる人工知能が搭載されているかもしれない。何ならそのロボットの外見は、自分の好みに合わせて変えられるようになっているかもしれない。

さあ、綺麗なロボットの女の子に告白された時、果たして僕はどうするのか

 

今回学んだこと

未来について考えると、何よりもブログのネタが増えますね。

  • 野菜はいつか絶滅するのか?
  • ロボットと性交渉できる時代が来るのか?
  • 自分の理想の彼女をロボットで作れるとしたら、作るか?

同時に、自己分析の手助けにもなります。

  • なぜその特定の未来像に興味を持ったのか?
  • 自分は恋愛について何を考えているのか?

なかなか稔りのある記事になりました!改めて、NEOさん、ありがとうございます!

 

皆さんは、どんな「あり得ない未来」を想像しますか?

 

こんな未来もどうぞ

sourceone.hatenablog.com

sourceone.hatenablog.com

sourceone.hatenablog.com

それでは!