ふと思ったんだけど

言葉にすれば、何か分かるかもしれない

ありがとう

こんばんは。どこかの誰かです。少し落ち着いたのでブログを書いています。 

ネット上での会話は霧の中でのキャッチボールみたいだと揶揄したことがあります。どこから球が飛んでくるかわからない。だからそもそも捕球なんて無理だ、諦めよう。そして僕の言葉が捕球されることもない、諦めよう。そんな思考経路をレコードのように脳に刻んできました。

sourceone.hatenablog.com

ただ、そこまで悲観しなくて良いのかなと思えてきました。数日前に「やばいんで更新頻度落とします」という記事を書きましたが、色んな方から頑張れというメッセージを頂いたのです。

sourceone.hatenablog.com

会ったことのない人たちが無条件で応援してくれて、不思議な感覚を味わいました。ここのところずっと自分や企業と言葉で戦ってばかりでした。だからこそ「頑張れ」の一言が鍼のように深く効きます。

たまたま今読んでいる本に「外野はいつも勝手なことを言う」というフレーズがありました。ですが外野だからこそ言えることもあるんじゃないかと思います。事情を深く知らないからこそできることがある…冷静なアドバイスとか、無条件的な応援とか。そういう意味では、僕のブログがたまたま他の方の役に立つこともあるかもしれない。おこがましいけどそんな期待を持ってブログを書いていこうと思います。