ふと思ったんだけど

言葉にすれば、何か分かるかもしれない

楽しさの備忘録

こんばんは。ブログの楽しみ方を時折忘れてしまう作者です。

ブログを書くことは、なぜ楽しいか。あるいは、本当に楽しいのか?今回はそれについて思ったことを書いてみました。

 

ブログは必ずしも楽しくはない

ブログを書いていて楽しい瞬間があるのは確かですが、ブログが常時楽しいかっていうと、必ずしもそうではない気がします

ブログが嫌いになることは滅多にありませんし、楽しさに身を任せて記事を書けることもありますが、大抵の場合、楽しいのかよくわからないまま記事を書いている。今まさにそうです。文字を積み重ねているけれども、楽しいかっていうと、別にって感じ。ただこうして言葉が増えていく。

もはや文字を書くことが自分のデフォルトになった気がします。もっと言えば、書かないと死ぬ気がする。継続力とかアウトプットとかそういうカッコいいものではありません。もしかしたらそれよりもっと悍ましいものーー自己顕示欲、自己中心性、自意識過剰ーーそれが僕の原動力かもしれない。悲観しすぎかな?

まあ、趣味としてのブログについて考えすぎるのは危険なので、ここで一旦止めておきましょう。

sourceone.hatenablog.com

 

楽しさを盛大に謳歌せよ

僕は新しいブログを読むのが結構好きだったりします。新しくブログを始められた方は、ブログが楽しくて仕方ない様子だからです。

僕はそういう方の記事を読んで「うん、そうだよね、楽しいんだよね」と、自分に確認している部分があります。忘れてしまった情熱を取り戻す、みたいな?そういう情熱、羨ましくなりますよね。

あまり意識したことはありませんでしたが、辞めようかと何度か思いつつも僕がこうしてブログを続けられているのは、そういう方の記事を丹念に読み込んでいたからかもしれません。

多くの人にとって、ブログは収益源でもなく、1つの贅沢に過ぎません。始めるのも簡単ですが、簡単に辞めることもできます。何れにしても僕らがブログに携われるのは一瞬だと思っています。だからこそ、僕らがブログに触れているその一瞬を捉えて、美しく、楽しく描写できるようになりたい。そんなブログ論系の記事も、いつか書いてみたいなと思ったりします。