ふと思ったんだけど

言葉にすれば、何か分かるかもしれない

「交流」

こんばんは、人財です。

人は資源である、と言ったら、皆さんはどう反応しますか?これもまた僕の間違いかもしれない。でも、一定の事実性があるとは思っています。

 

他ブログの運用

学部時代、剽窃についてみっちりと教わりました。同時に「とりあえず出典を明記すればなんでもあり感」を知りました。

だから、と言うと強すぎるけど、だから、僕は他のブログを引用する傾向があります。もちろん、ブログは論文ではないから、何を引用したところで正確さは担保されないけど。

例えば、僕が超ネガティブな記事を書いたとして、その記事の中で純真無垢なブログに言及したとしましょう。僕は、言及することで、勝手にそのブログのイメージを書き換える。言及されたブロガーからすれば、自分のブログが自らの意に反した形で運用されてしまう。言及には、そういうミスマッチのリスクがあると感じます。

もちろん、これは極端な例で、そうはならないように努めてきたつもりです。ネガティブな内容の記事を書く時は、例えそれを誘発したのが他のブロガーのネガティブな記事であっても、その元の記事に言及することは避けてきたつもり。そして言及をするのは、自分がそのブログ記事に対して同調的な意見を述べる場合に限定してきたつもり。それなら「良い」だろうと思っていました。

 

言及は本当に「交流」か

じゃあ、何が「良い」んだろう。自分にとって「都合」が良いんだと思う。ただ自分が他の方のブログを資源として利用しているだけなのに、それを「交流」だと自分に言い聞かせて満足する。実際は僕が他のブログを利用するだけの「直流」でしかなかった。「こんばんは、読者です」は暴挙だと、今になっては思います。

そう考えると、ブログの交流は、コメントという形でしかありえないのかもしれません。ブログは各々の牙城です。敵陣、と言うと流石に非社交的だけど、自分の言動が相手の城の中で行われるのであれば、少なくとも自分の都合だけで動くことはできなくなります。城内で行動を間違えると射殺されるから。笑

 

 

sourceone.hatenablog.com

sourceone.hatenablog.com

sourceone.hatenablog.com