ふと思ったんだけど

言葉にすれば、何か分かるかもしれない

ブログとの闘い

こんばんは。今日は実に大事な予定がある作者なのです。このプレゼンで僕の人生が決まる、それくらいの重みがあるプレゼンを用意中です。それに力を注ぐ一方で、ブログをこうして書いています。

 

忙しいという理由は、どこまで通用するのだろう

ブログに携わる時間はせいぜい一日30分くらいです。学生である僕がその時間を捻出できないとしたら、それは僕の怠惰によるところが大きいと思います。

実際、仕事を始めてめちゃくちゃ忙しくなったら、ブログ書けなくなるんでしょうか。でもいらっしゃいますよね、フルタイムで働きながらブログ書いてる人。ってことは不可能ではないはず。

ブログを書けているならそれほど忙しくはないということなんじゃないか、とも思います。本当に余裕がなかったら、本当にブログ書いていられないはずですからね。

一方で、継続が無理になるような生活の変化が起きることは十分にあり得ます。そう考えると、ブログに限らず何事においても、継続を目的化するのは意味がないと思えてきます。どうせ破綻するかもしれないんだから。だから、継続すること以外に何らかの価値を見出していないと、継続することはできないんじゃないかと思います。

 

書く意欲の枯渇に抗う

僕は現在、なぜこのブログを続けられているのかわからないまま書き続けています。今は自然と書くことが湧いてきているけど、それが底を尽きた時、このブログはどうなるんだろう?

芸術家は自分の中から湧き出てくる何かを表現することに夢中ですが、逆に言えば、常にその湧出が止まることを恐れていると思うのです。湧出が止まってしまったら彼らは全てを失うから。だからそれと常に闘っているはず。

一方の僕はと言えば、ブログを生業としている訳ではないし、まだブログのために闘うことができていません。今はまだ闘わずに済んでいるけど、このまま続けていれば、どこかでブログと闘わなくてはならない時が来る。その闘いに勝てるかどうか、不安です。

 

 

sourceone.hatenablog.com

sourceone.hatenablog.com

sourceone.hatenablog.com

それでは!