ふと思ったんだけど

言葉にすれば、何か分かるかもしれない

読め

こんばんは。なぜかブログをやめる時のことばかり考えている作者です。

今回は「読まれるために読む」について書いていきます。

 

読まないと読んでもらえないのが僕の現実

僕のブログは正直誰の役にも立っていないと思います。最近はもはや自分の役に立っているのかすら怪しいですからね。笑

読者数の増加にかなりウキウキしていた時期もありましたが、日々のアクセスが読者数にすら届かないので、読者数には特別意味がないという確信が深まるばかりです。

一部の例外を除いて、膨大な数の読者を抱えているブロガーは長期間ブログを継続されている方々です。別に僕が僕でなくても、続けてさえいれば読者数は勝手に増えていくんじゃないか。そういう甘い考えも頭をよぎります。

こういうことを平気で書いているあたり、やっぱり僕は読者が望むようなコンテンツは作れないんですよね。アフィリエイト系の記事を書けないのも納得です。

 

別に、

いろんな矛盾を抱えてブログを書いていますが、1つはっきりしていることがあります。僕は自分のブログを読んで欲しくて皆さんのブログを読んでいる訳ではない。純粋にそのブログに興味があるから購読していて、媚が云々とかお礼を云々なんて微塵も考えていない。

それはもちろん、尊敬するブロガーにスターとかもらえちゃったら嬉しいよ。でもそれが永遠に来なかったとしても僕はそのブログの購読を続ける。だから媚びではないのです。

読む行為は書くためのものと僕は位置付けています。感情面の刺激が足りないなと思ったら小説を読む。ネタがないと思うことがないように、印象的なブログ記事にはブックマークをつけておく。

要は、読まれるために読んでいるのではなく、書くために読んでいるのです。

 

ブログを書けなくなったらブログを読まなくなるのか

そこでこの問題が発生します。ブログを書けなくなったらブログを読まなくなるのか?皆さんはどう思いますか?

ブログを書く必要がなくなったら、僕はブログを読むのをやめてしまうのか。そうはなりたくないんですよね。まるで読まれるために読んでいたと自認してしまうようじゃないか。

というか最近いつかブログをやめる時のことばかり記事にしている気がします。なぜだ?

 

 

sourceone.hatenablog.com

sourceone.hatenablog.com

sourceone.hatenablog.com

それでは!