ふと思ったんだけど

言葉にすれば、何か分かるかもしれない

安易な発言にはユーモアで対応したい

こんばんは。どこかの誰かです。

僕は炎上案件から距離をとっています。炎上に絡むツイッターなどでの発言には、安易なもの、それ言う必要ある?と疑問に思わされるもの、当然のことしか言っていないにも関わらずなぜか拡散されているもの、ともかく色々あって、見ていて疲弊するからです。

そんなインターネット文化の中でもブログがまだマシだなと思うのは、一定量の思考を費やさないと纏まりのあるブログ記事は書けないからです。その過程で不要な言葉がある程度は排除されていくのだと思います。何様ですか?知りません。

 

ものを書いてその内容が読み手に伝わらない原因は2つに分解できると思っています。1つはこちらの説明不足、つまり執筆者側の要因。もう1つは読み手側の要因、例えば読み手の理解力不足、あるいは理解しようという意思の不在です。

非収益系のブログとはいえ、人に読まれるわけですから、僕も理解のしやすさに注意してブログを書いているつもりです。それができていないことには、他人の発言が安易であると糾弾する資格はありません。

ただ、自分のブログの理解のしやすさを客観的に評価することが不可能である以上、僕が他人の発言の安易さを糾弾する権利は事実上存在しないということになります。

一方で、間違いなく、僕がブログで書いている内容は、周囲の安易な発言に触発されています。内容を抽象化して攻撃対象を暈しているつもりですが、仮想敵のようなものは多くの記事で設定しています。

糾弾する権利がないことを分かっていながらも書きたくなってしまうのは、僕という人間が抱える矛盾です。

 

はてなブログを見渡していると、ロジックで固めたブログ記事に対して誰かが安易な言葉を投じ、ブログ作者が反応して激しい応酬に発展、という展開をしばしば見かけます。

僕個人としてはあまりそれをやりたくないなと思っています。先に書いたように、ものを書いてその内容が読み手に伝わらない原因は、執筆者側の要因と読み手側の要因に分解できると思っています。読み手が甚だしく間違ったとしても、その事実によって執筆者側の要因が無かったことにされるわけではありません

安易な発言を徹底的に糾弾する執筆者は、そういう自己批判的な精神が足りない幼稚な執筆者のように写ります。幼稚さに接した時こそ、自分の幼稚さが露呈しやすくなるのかもしれません。幼稚さは伝播する説。

かと言って、反論に対して有効な反応を示せないのもまた幼稚です。ならばどう対応すべきか。幼稚さを感じさせない対応とはどんなものか?

というところで、ユーモアの出番じゃないかと。素晴らしいユーモアは、聞いている周囲の人間を愉快な気分にさせると同時に、感情的になっている相手を宥める効果があると思っています。

しかし、ユーモアってのはどうやって身につけたものだろうか。普段友人たちと話している分には、自分にユーモアのセンスが致命的に欠如しているとは感じないけど。

まあでも、僕が目指すユーモアは、この記事の趣旨を丸ごとユーモアで包み込めるレベルのものだから、今の僕ではまだまだです。まずは周りのユーモアに敏感になっていくことから始めようと思います。

 

関係あるかもしれない記事3つ

sourceone.hatenablog.com

sourceone.hatenablog.com

sourceone.hatenablog.com