ふと思ったんだけど

言葉にすれば、何か分かるかもしれない

自己満足とは他人を満足させられないことである

こんばんは。ツイッターもやってます、作者です。

フォロワーさんとツイッターで自己満足について話していたら、こんな名台詞が飛び出してきました。

スーパーマンが自己満足で地球を滅ぼしたら自己満足
スーパーマンが自己満足で地球を救ったら皆満足 

つまり、視点の問題である、ということですね。

この時はすっきりしたのですが、後から何か引っ掛かりを感じたので、今回は自己満足について少し掘り下げてみます。

 

自己満足を定義するのは自分ではない説

このフレーズを見て改めて思うのは「自己満足か否かを判断するのが自分ではない」という発想があるということです。自分の行為に対して「それは自己満足だ」と指摘するのは他人である、という視点です。

自己満足の意味を字面から酌むと「自分の行為に満足する」となります。ただ、自分の行為に対する自分の満足という意味で自己満足という言葉が使われることは、実際はほとんどないと思います。実際は、自分の中だけで完結しており、誰の役にも立っていないことに関して、他人が自己満足のレッテルを貼る。確かにそうだと思いませんか?

 

僕にとっての自己満足の定義

自己満足とは、自分の満足度に他人の満足度が追いついていない状況だと思っています。自分が満足していたとしても、それに他人があまり満足していなかった場合は、自己満足だと言われてしまう可能性がある。

ですが、まだ引っ掛かることがあります。

嫌な言い回しですが、皆さんは、自己満足で何かをやったことはありますか?僕は思い当たらないんですよね。自分がやったことに満足できたことなんてない。

ここまで考えて、僕にとっての問題は「自己満足とは何か」ではなく「満足とは何か」である気がしてきました。今後ゆっくり考えていこうと思います。

  

sourceone.hatenablog.com

sourceone.hatenablog.com

sourceone.hatenablog.com

それでは!