ふと思ったんだけど

言葉にすれば、何か分かるかもしれない

書けるまで待てるか

こんばんは、どこかの誰かです。今日はブログを継続することについて書きます。

 

ブログの更新頻度を戻せない

今、僕のブログは不定期更新です。毎日更新していた頃の自分が信じられません。何をそんなに書いていたんだろう?と不思議に思いながら自分の書いた記事を見返しています。

今でもその気になれば毎日更新できる、と思いたいのですが、それは単なる思い上がりでしょう。そもそもその気にならないのだから。

以前こんな記事を書きましたが、ブログに書くネタは無尽蔵にあります。今はこの時よりも増えていますね。

sourceone.hatenablog.com

記事を書くときは、この記事で挙げたような短いアイデアフレーズを幾つか統合して1つの記事を仕上げます。ただ最近は、個々のアイデアフレーズはたくさん出てくるけれど、それらを統合する大きなアイデアが出てこないんです。

 

更新頻度を感覚に委ねる不安

更新頻度を元に戻せなくても別にいいとは思っています。現状としては、ブログに書こうという意思の強弱を、ブログに書くに値するか否かの基準にしています。書こうと思えない中で強制印刷された記事はそんなにいい記事にはならないと見做します。アイデアとして挙げられても十分に書きたいと思えなければ記事にはしません。

一方で、更新頻度を設定しないことは不安でもあります。ブログの読み書きは楽しいし、それを楽しいと感じられる自分でありたいと思っています。将来の自分がブログから離れてしまうのは、今の自分にとっては惜しいです。

「更新頻度落とします!」とか「また戻ってきます!」という記事を最後に息絶えているブログを幾つも見ました。更新頻度を感覚に委ねると、毎日更新のようなルールを設定している場合と比べ、ブログから離れるリスクが格段に高くなります。

本当に今後も書けるのか?書けるまでちゃんと待てるのか?いつの間にか書けなくなっているんじゃないか?

そんな感じで、真の継続力が試されている気がします。

 

sourceone.hatenablog.com

sourceone.hatenablog.com

sourceone.hatenablog.com