ふと思ったんだけど

言葉にすれば、何か分かるかもしれない

乱数生成3

sourceone.hatenablog.com

 

お題「自粛要請下での新しさ」

パソコンのファイルの整理をしている途中、就活用に論理的に再構築された人生を見つけた。全てが繋がっていた。美しい、実に整っている。それが虚構であることをLは認識していた。だいたい人生の全選択にLが論理的に絡んでいることなどありえない。まず他スケジュールとの重複により自動排除された選択肢が大量にある。選択肢同士が完全に平等だったとしても、感覚的な選択で裁かれる場合がほとんどである。論理は後付けで何でも説明できてしまい、便利すぎて信用ならない。やはり衝動、直感による行動が、一定の割合は必要なのだった。

そして自粛要請は衝動に蓋をする。どんな行動も一度不要不急フィルターを通す必要が生じたからだ。このネット上の論理でガチガチに固められたフィルター、ほぼ通過不能、遮蔽率99.9%である。行動に対するマスクだ。自分の外に出られない以上、Lの関心は自分の内面に向かうしかなかったが、それは案の定すぐに行き詰まった。Enterキーを押せば自動で動き出すプログラムになれたとLは信じていたが、現実はやはりそう甘くはなかった。プログラムは電源を必要とし、電源には発電所が必要で、発電所には燃料が必要だ。燃料は外から持ってくるしかない。Lには燃料がないのだ。

 

sourceone.hatenablog.com