ふと思ったんだけど

言葉にすれば、何か分かるかもしれない

単発

あえて言うなら嫌いな中で

好きか嫌いかで言うと、このお題は嫌いじゃない(笑)。どう言うべきかな…嘘をつかせてくれないというか。インタビューシリーズとか放草シリーズみたいな、一捻り加えた現実逃避モノを書かせてくれない、いやらしいお題。実に嫌いじゃないね。なので生の思考を…

蛾と僕

毒ガスを全身で浴びた蛾が地に落ちるのを僕は眺める。この蛾にとって長く苦しい終わりが始まる。それがいかに長く辛いものであるか、僕には想像ができない。逃がすことはできた。しかし僕はそれを拒んだ。理由、面倒だから。あるいは、ハエたたきに相当する…

スクリーンショット

そのスマホの電源ボタンにはスクリーンショット機能が賦与されていた。そのデュアリティーに翻弄されたのを覚えている。使い始めて一年くらいの間、画像フォルダは同じロック画面のスクリーンショットだらけになってしまった。何事も集約しようとする現代社…

お疲れ様

お参りに行こうか、と彼はいう。夜9時の少し雨の降るオフィス街。黙ってその方向に歩みを変えた。 その神社は雑居ビルの合間にポツンと存在する。通りから参道が5メートルほどあり、神社自体の面積は3メートル角くらいだろう。神社といっても祠程度だ。周囲…

僕の一日

朝5:30に目が覚めた。早すぎる。でも起きてしまったものは仕方ない、この暑さでは眠りに戻るのも無理だ。 毎朝のルーティンに入る。まず僕をたっぷり溜め、冷たい僕で僕を洗う。欠伸をしながら僕の音の中で僕をつくり、僕を食べ、僕を洗い、僕を磨く。僕を拭…

あっち系の奴が来た

僕は今、仕事の関係で地元を離れ、関東の片田舎に住んでいる。何度も言うが、僕がこう呼んでいる場所が地元の方々には、大変申し訳なく思うのだが、片田舎以外の何ものでもない。はずだ。はずでしょ?そんな場所のせいか、何なのか、一風変わった人達が訪問…

嘘みたいな嘘の話

僕はスーツに眼鏡のどこにでも居そうなサラリーマン齢53である。仕事の関係で関東の片田舎に居る。片田舎の為車は必要不可欠だ。買い物をするにも仕事に行くにも、車有りきの生活。高齢者にとってこそ車は必要不可欠なのかもしれない。ただ、高齢者だけの…

ある家のはなし

我が家には25人が住んでいます。男が14人、女が11人。6人は高齢ですので、他の全員で協力して介護をしています。子供達も手伝ってくれますよ。 仕事ですか?僕は普通の営業マンとして平日は出勤しています。僕含め男女合計で9人が平日は仕事に行きますね。と…

見ました

※フィクションです。 SNS上での自分のふとした投稿に、見知らぬアカウントから返信がきた。返信の内容は以下のようなものであった。 「あなたの投稿を見ました」 それだけである。 そのアカウントの投稿を見にいった。数ヶ月前に開設。フォロー数はゼロ、い…

何もしなかった私たち

供養。

ある会話

storytime

どうぞご自由にお試しください

ご自由にお読みください

いつも綺麗にご利用頂き

いつも綺麗な私たち

お客様同士のトラブル

部外者

時間伐材

趣味は虚無感を紛らす