ふと思ったんだけど

言葉にすれば、何か分かるかもしれない

その他のシリーズ

カチカチ様【1/2】

なんでこんなことになった。なぜか俺一人だけ重い薪を背負わされ、岩肌が露わな急峻な山道を登らされている。兎は何も背負わずに軽い足取りで先を歩いていく。俺は洗脳されたのか?一体兎に何を言われたんだ。思い出せ。 老婆の味噌汁を老人が飲み干したのを…

僕たちには理由がない【n/4】

私たちは相手のために変わることを由としない。この点に関しては一致していると思っていたけど、最近はどうやらそうでもないらしい。念のため書いておくが彼は最初から変わらない。残酷なくらいに、あまりにも変わらない。 飽き、だとは思いたくはない。自分…

僕たちには理由がない【n/4】

僕たちは相手のために変わることを由としない。この点に関しては僕らは最後まで一致している。...いや、厳密には違う。僕には女の心がよく分からない。女が男のためにかわいくあろうとする心理とか、僕には理解できない。僕自身はそういうのは一切なかったか…

僕たちには理由がない【n/4】

明日決行である。後悔はないだろうか?一体何度目の確認だろう。 ここ二週間、私たちの関係にあったありったけの理由、意義を探し集め、書き溜めた。しかしそれらを何度も読み返してみても、なお私の答えは変わらなかった。もはやどんな理由も私の感覚には影…

僕たちには理由がない【n/4】

別れようと言い出したのは彼女の方だった。その理由を教えてくれはしなかった、と書けば、僕が彼女に理由を訊いたと思われるかもしれないが、僕はそれを訊かなかった。理由を知ること、知ろうとすることに意味があるのは、救済の余地がある場合だけである。…

結婚式じゃない方の【3/3】

sourceone.hatenablog.com <真北の場合> 成人式の後の同窓会の後、真南をタクシーで家まで送っていったんです。立食で疲れたし割り勘すればそんな高くねーだろって理由で僕が提案しました。彼女の家まで行って、僕はそこから歩いて帰るつもりで。僕も彼女…

結婚式じゃない方の【2/3】

sourceone.hatenablog.com <真南の場合> 住んでるところの田舎度を示す基準の一つに、幼稚園から高校まで一緒の人がいるかどうか、があるかもしれません。私の場合はいましたね、何人か。幼馴染って呼べる人が結構いました。真北もそのうちの一人ですね。…

結婚式じゃない方の【1/3】

真北さん。あなたは健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、真南を愛し、敬い、慰め合い、共に助け合い、その命ある限り真心を尽くすことを誓いますか? はい、誓います。 真南さん。あなたは健やかな…

放草:導入編

放草という「草」がある。近くにいるヒトの考えていることを音声として花から出力するという特異な性質を持つ。この特性は花から半径1メートルくらいの範囲で有効で、その範囲にヒトが侵入し一定時間留まると、そのヒトの思考が花から放送されてしまう。複数…